企業情報

Corporate Information

会社概要

社屋
商号
株式会社 慶進社
代表取締役社長
小野木 慶明
本社所在地

〒501-1151 岐阜県岐阜市川部1丁目72番地
【地図の詳細(PDF)】  【地図の詳細(Google Map)】
営業所
東京営業所  〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-953
創業
大正10年8月
資本金
2,100万円
事業内容
(印刷業)

永年培ってきたカラー印刷技術を基礎に、フルデジタル環境を整備し、印刷物の社内一貫制作はもちろんのこと、デジタルメディア制作を含め、新時代への対応を進めています。
営業品目










PR・販促物:カタログ、パンフレット、ポスター、ラベル、会社案内、社内報、DM、チラシ、マニュアル
包装資材:パッケージ、包装紙、ペーパーバッグ
出  版:記念誌、自費出版、作品集など企画
帳  票:連続伝票、事務用伝票類
写真撮影:モデル、スタジオ、ロケーション、パネル制作
オンデマンド印刷:
屋外、屋内用大型ポスター・看板、パネル、ラミネート加工、少部数ポスター・パンフレット、カラー名刺、カラーコピー、宛名印字サービス
デジタルメディア:
DVD-ROM、ホームページ、情報加工、ネットワークサービス

沿  革

1920年08月(大正10年)
岐阜市今川町2丁目に於て活版印刷工場慶進社印刷所を創業する。
1960年01月(昭和35年)
資本金200万円にて法人組織に改組。株式会社慶進社設立
1962年01月(昭和38年)

本社を新築移転(市内、今川町2丁目より青柳町6丁目へ)。鉄筋3階建ビル、工場建設。全自動中型凸版印刷機導入、自動化を図る。
1967年04月(昭和42年)
オフセット印刷機導入、オフセット部門設置。
1969年04月(昭和44年)
モノクロ製版カメラを導入し、オフセット製版部を新設。
1970年12月(昭和45年)
岐阜市川部に土地を購入し、本社及び工場の予定地とする。
1971年07月(昭和46年)

中小企業団体中央会より労務管理、一般労働条件、安全管理等全部門に標準管理事業場の指定を受ける。
1972年11月(昭和47年)
業務の進展に伴い、岐阜市川部1丁目地内に本社工場を新築移転する。
1974年11月(昭和49年)
本社土地拡張
1981年09月(昭和56年)


業務拡張に伴い、本社隣接地に社屋増築。ドイツ製ハイデルスピードマスター菊全判4色カラー印刷機導入。東海地区初のコンピューター制御による全自動4色機。
1986年03月(昭和61年)
撮影部門を強化し、スタジオを新設する。
1987年03月(昭和62年)
デザイン企画部を社内に新設し、業務を拡張する。
1988年02月(昭和63年)

大日本スクリーン社製ダイレクトカラースキャナSG608型機を導入し、カラー製版部門を強化する。
1988年12月(昭和63年)
業務拡大のため、東京に営業所「DEED(ディード)事業部」を新設。
1990年09月(平成02年)

工場・事務所改装。印刷部門の生産強化のため、三菱重工業4色機及び単色印刷機導入。
1990年11月(平成02年)
企画部門強化とデジタル対応のためにマッキントッシュ導入。
1995年06月(平成07年)

プリプレスサーバーマシン大日本スクリーン「レナトス」導入。ネットワークシステム構築。
1997年04月(平成09年)
システム開発課を新設、マルチメディア時代へ対応。社内LAN構築。
1997年07月(平成09年)

デジタルプリントショップ「アルファワン」を名古屋丸の内にオープン。また業務拡大のため、同所在地に名古屋営業所を開設。
1999年10月(平成11年)
丁合機・折機増強。製本設備を充実する。
2002年03月(平成14年)
製版部門強化のため、オンデマンド印刷機「リサプレス」を導入。
2003年05月(平成15年)
CTP(Computer To Plate)を導入。製版部門を強化する。
2005年07月(平成17年)
印刷部門の生産強化のため、三菱重工業製菊全判4色機を導入。
2008年11月(平成20年)
業務拡大のため、横浜に営業所を新設。
2009年11月(平成21年)
広演色再現を可能とするプロセスインキ「kaleido」による印刷技術を確立。